母恵夢スイーツパーク(POEME SWEETS PARK)

母恵夢スイーツパーク

愛媛県のお土産としても選ばれることの多い母恵夢が、どのように作られているのかを見学できる母恵夢スイーツパーク(POEME SWEETS PARK)がOPENしたとのことで行ってきました!
場所は東温市の川内IC付近にあります。

母恵夢スイーツパーク 店内の陳列

扉をくくると、母恵夢のお菓子を買える売店が迎えてくれます。
店内全体が明るく、子供たちが多いのが今までの店舗との違いかもしれません。
生菓子(ケーキ)などは販売されていませんが、他の店舗では購入できない「プレミアム母恵夢(プレーン味・ショコラ味)」の焼きたて(お土産も可)を食べることのできるイートインコーナも用意されています。

母恵夢スイーツパーク 愛媛のみかんジュース

また、蛇口からミカンジュースが出てくる子供たちには嬉しい(無料)サービスも!
甘いには苦手という方にはコーヒーも用意されているので、プレミアム母恵夢の焼きたてを食べながらホッと一息つくのもおすすめ!
(私はプレーン味のプレミアム母恵夢を食べましたが、家で食べるのと違って外がパリッとしていてとても美味しかったです。)

母恵夢スイーツパーク 工場見学通路

入り口の右手には工場見学ができるスペースが容易されています。
生地⇒焼き上げ⇒包装までの工場ラインを硝子越しに見るタイプなので、予約も不要です。

母恵夢スイーツパーク ポエムの作り方

工場見学というと会社の人が案内してくれるのを考えてしまいますが、ここはそういうタイプでもなく窓や扉に子供でも読みやすいように可愛い絵付きの説明パネルが用意されているだけ。
5~10分ぐらいで工場見学は終了できるぐらいの規模でした。
ネタばらしになるといけないので、少しだけ紹介すると…

母恵夢スイーツパーク ベビーポエム製造中

焼く前の生地が流れている様子。

母恵夢スイーツパーク ベビーポエムを焼いている様子

焼いている様子。

母恵夢スイーツパーク ベビーポエムチェック中

焼き上げたものがチェック、包装の工程に流れていく様子。

母恵夢スイーツパーク ベビーポエムの材料

母恵夢で使われている材料の紹介。

このような感じで、本当に気楽に訪れることができる工場見学
過去日本食研やアサヒビール工場も見学に行きましたが、あちらは小さい子供だと走り回ったりヒヤヒヤするところもありましたが、こちらは売店も併設、硝子越しということで、小さな子供がはしゃぎながら見学しても問題ない感じ。
(もちろん、貸切ではないので他の方に迷惑をかけないマナーは必要だと思いますが…。)

母恵夢スイーツパーク なつかしおもちゃ

小さな子供は興味持てないかも?
大丈夫です!小さな子供たちは、工場見学スペース横に用意されている木の積み木で楽しそうに遊んでいました。

母恵夢スイーツパーク イライラ棒

また、某テレビ番組で流行したイライラ棒もあり大人子供関係なく、楽しめました!
我が家は4人とも挑戦しましたが誰もクリアできず…。主人はムキになって何回かチャレンジしたものの、コースの半分にも行けませんでした。

母恵夢スイーツパーク 足湯

そして(一応)温泉県でもある愛媛県らしく、足湯も楽しめます
タオルを用意していない方も売店で足湯用のタオルが販売されていたので、旅行などの長距離ドライブで疲れた方は一息つくのも良いかもしれません。

母恵夢スイーツパーク 芝生スペース

足湯からは芝生の小スペースもあり、子供も売店で購入したアイスを食べたり、小さな子供たちが走り回っていました。


アクセス
愛媛県東温市則之内2585−1
TEL
089-955-8870
公式サイト
http://www.poeme.co.jp/sweetspark/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る